Zbrush:基本操作メモ

メモしておきたいことが出来たときに随時追加予定。

重要!

3D編集するには、オブジェクトを読み込んだ直後に「Edit」モードにすることを忘れずに!ショートカットは「T」

うっかりその前に操作を始めて無駄にアイテムが増殖してしまった場合は、Editモード切替後に「Ctrl+N」

保存形式

ZPRZTL
プロジェクト保存3Dモデル保存
ツール,ライト,背景,レンダ設定,履歴などまるごと保存。次回同じ状態で開ける。選択中のモデル(Toolと言う)だけ保存されるので軽いが、複数のオブジェクトやマテリアル等は別途保存
上部メニューの「file > Save As」ショートカットなら「Ctrl+S」
dz-save.jpg
右のツールパレットから「Tool>Save As」
ztl-save.jpg
クイックセーブZBR
プロジェクト保存マテリアル保存
ライトボックスに表示される(最大10回分まで)3Dモデルは含まれないので注意
トップメニューの「Quick Save」から。また、デフォルトでは20分ごとに自動保存される
quicksave.jpg
上部メニューの「Document > Save as」
dz-save2.png

よく使う上部ボタン

MrgbRgbM
マテリアル/カラー保存カラー保存マテリアル保存
マテリアルとカラーを定着カラーのみ定着マテリアルのみ定着
マテリアルとカラー含めて編集する場合は「Zaad」をオフ、「Mrgb」をオン直塗りする場合は「Zaad」をオフ、「Rgb」をオンマテリアルのみ塗りたい場合は「Zaad」をオフ、「M」をオン
下部の「Rgb Intensity」で濃度調整。
カラーパレット下部の「FillObject」で選択範囲を塗りつぶし。
「Focal Shift」の調整で輪郭の境界線をぼかすことも可能。

ZaddZsub
立体造形モード立体造形モード
ブラシでなぞった部分が盛り上がるブラシでなぞった部分がへこむ

ブラシ操作

Standard/Clay系ブラシMove系ブラシ
盛り上げ、へこませ、形状転写等引っ張る、ねじる、移動など形状変化
通常操作で盛り上げ、「ALT」キー押しながらでへこませる押してへこますこともできる。「Shift」キー併用で滑らかに変形。
Smooth系ブラシDam_Standardブラシ
凹凸を滑らかにするシャープなエッジで細部を造形
「Shift」キーを押しながらなぞるデフォルトでえぐるので、盛り上げたいときは「Alt」キー
Draw Size(ブラシサイズ)とZ Intensity(強度・深度)で調整。
Focal Shiftの調整で輪郭の境界線をぼかすことも可能。

動作メモ

※マウス操作は左クリックだとビュー上の空いてるスペースのみ、右クリックだとオブジェクトに重なっていても操作できる。

動作ボタン/パレットマウス操作ショートカット
LightBoxを閉じる左上のボタン
lightboxbotan.jpgもしくはLightBox右上のHide
boxhide.jpg
,(カンマ)
3D編集EditT
やり直す(undo)Ctrl+Z
左右対称で編集上部メニュー>Transform>Activate Symmetry をオンにX
ポリゴン表示
polyf.jpg
右のポリフレームボタンをオンに
X
回転
rotate.jpg
「Rotate」ボタンでオブジェクトを回転
クリックで回転したい方向へドラッグ
90度ずつ回転「Shift」キーを押しながらクリックでドラッグ
平行移動
scroll.jpg
「Scroll」ボタンでビューを移動
move.jpg
「Move」ボタンでオブジェクトを移動
「Alt」キーを押しながら移動したい方向へドラッグ
拡大・縮小
zoom.jpg
「Zoom」ボタンでビューを拡大
scale.jpg
「Scale」ボタンでオブジェクトを拡大
「Ctrl」キーを押しながら右クリックで上下に動かす
全体表示
frame.jpg
「Flame」ボタンでビューに全体表示
F
マスクブラシモードで「Ctrl」キー。(ブラシがマスクモードに)
マスクの反転空いたスペースで「Ctrl」+クリック
マスクの一部削除「Ctrl+Alt」を押しながらマスクをなぞる
マスクの全削除Tool>Masking>clear「Ctrl」を押しながら空いたスペースで小さくドラッグ
全体マスクCtrl+a

やりたいこと

ポリゴンを細分化するTool>Geometry>Divide「Smt」スムージングをかけながら細分化する
タイトルとURLをコピーしました