MD:小技メモ(2Dパターン)

2Dパターンウィンドウでの操作

辺の長さを指定してパターンを作る

長方形作成を選択後、左クリックで四角作成ウィンドウが出るので幅と高さを指定する

170606-0001.jpg

不定形のポリゴン作成する場合は、始点と終点の間の長さが表示されるのでそれを目安に。


頂点移動で辺の長さを変えるときの数値指定

頂点を移動する時、動かしている途中で右クリックすると、移動距離のウィンドウが開いて数値指定できる。

170606-0010.jpg

辺を分割する

分割したい辺をパターン編集ツールで選択し、右クリックメニューから「分割」を選ぶ

170606-0002.jpg

1.二つの線に分割
長さで指定、もしくは割合を指定して2分割する
(例:120cmに対して90cm:30cm、70%:30%等)
2.長さで分割
指定された長さでとれるだけ繰り返し、端数はそのまま
(例:120cmに対して50cm指定=50x50x20cmの3辺)

3.等分割
同じ割合で複数の辺に分割する
(例:120cmに対して20cmなら6分割)


範囲指定で一括選択

2Dパターンウィンドウで、マウスの左クリックを押しながら範囲を選択する

2017-06-06 20.07.10.png

対称パターンの作成

複製したいパターンを選択した状態で(上記の一括選択で複数のパーツを含むことができる)右クリックしてメニューを出す。

クローン設定の中から、複数のパーツの場合は縫い合わせも含むか、縫い合わせしない状態での複製か、逆向きにしない同じ形状か状況によって選択する。

2017-06-06 20.14.59.png

クローンのクローンは作れないため、同じ形状をさらに複製したい場合は、右クリックメニューで「クローンを解除」で一旦解除すれば新たな複製ができる。
半身作成→パーツごとクローンで前身頃を作成して、さらにそれらを複数選択クローンしてフリップすれば、後ろ身頃のベースも一気にできたりして便利。

ちなみに水色の太枠で覆われていたらそれはクローン状態であるということ。解除すれば消えるので目安に

170606-0003.jpg

プリーツの作成

プリーツの幅にもよるが、1:4くらいの長さの差を準備し、ベースとなる方を4分割、プリーツを寄せる方を12分割する。
それぞれ縦に内部線を入れる。

「プリーツ折り畳みツール」で、折りたたみ方を指定する

170611-0003.jpg

「プリーツ縫い合わせツール」で、ベースとなる布の辺すべてと、プリーツにしたい布の辺すべてを選択する。

170611-0002.jpg

プリーツの応用:ギャザーをきれいに寄せる
内部線を引かずに、「プリーツ縫い合わせツール」で結ぶ辺を選択する

2017-06-06 19.45.48.png 170606-0009.jpg

レンダリング時のポリゴン数を変える

該当するパターンを選択し、プロパティエディタの中の「シュミレーション属性」のタブ内一番上、<粒子間隔(mm)>の数値を変える。数値が小さい方が細かくなるようだ。

smzokusei.jpg shmryusi.jpg
忘れそうな何かを発見した時にきまぐれに加筆予定
タイトルとURLをコピーしました