モールス

元は2008年制作の(日本公開2010年)「ぼくのエリ 200歳の少女」というスウェーデン映画のリメイクらしい。 どちらも現代に「モールス」という言葉は入っていないが、原作である小説が『MORSE』となっている。 映像的…

続きを読む

サファリ

とあるアフリカの田舎の家で、病気で母親の余命が迫り子供だけで遥か遠くのおばさんの家に行かせる。 。。。。この段階でかなり違和感はあったのだけれど(--;) 町ならまだわかるんですが、危険な野生の猛獣がいるジャングル地帯を…

続きを読む

10 クローバーフィールド・レーン

慌ただしく荷物をまとめて飛び出す女、都会からぐんぐん離れて田舎の方へ車を走らせる。 途中で携帯にかかってきた電話で、どうやら彼だか夫だか同居していた元から逃げ出してきたんだなとはわかる。 が、その電話に気を取られてよそ見…

続きを読む

ゴーストシップ

なんというか、いかにも王道ホラーという匂いをプンプンさせてたので(笑) な、割には優雅なバカでかい豪華客船の船上パーティの場面から始まる。 緩やかで色気のある歌声のなかで談笑し、ダンスに身を委ねるセレブな人々と退屈そうな…

続きを読む

アイデンティティー

「セブン」とかに近いようなちょいとどす黒いサスペンスホラー系。 結構衝撃的な心臓に悪い系映像がいくつかあるので、弱い人はご注意を。 ある大嵐の夜。 それぞれ何かしらの因果関係を持ちながら、車で移動していた人達が僻地のモー…

続きを読む

ガタカ

近未来、生まれる前から性別どころか個人の能力、病気の因子、肉体的な特徴から頭脳レベルまで遺伝子レベルで解明され、遺伝子操作を施すことによりマイナス面な遺伝子情報は排除されたエリートを「つくりあげる」ことができる時代が到来…

続きを読む

チャットルーム

カバー絵でなんとなく惹かれてみてみたけど、イギリス映画なのに「リング」や「インシテミル」などの日本の中田秀夫監督作品だった。 数多くあるチャットルームの中で、ある青年が開いたチャットルームにたまたま集まってきた人々の交流…

続きを読む

ミザリー

やっぱり女は怖いなあという映画。 。。。。ではさすがに終われないので(ーー;) スティーヴン・キング原作ということで、サイコ、サスペンス的なものだろうなと予測していたが、まあそういう感じ。 「ミザリー」という主人公のシリ…

続きを読む

ダ・ヴィンチ・コード

ルーヴル美術館を舞台に、レオナルド・ダ・ヴィンチの名画や博物学的な手稿などを暗号に組み込み、聖杯伝説に関する謎が明らかになっていく。 原作は、ダン・ブラウンの小説。 改めて見ると、実力派の見ごたえのあるキャスティングなん…

続きを読む

野性の証明

激しい自衛隊隊っぽい演習場面が延々と流れるところから始まる。 そして安保闘争時代の過激派集団の強制的な鎮圧で活躍し、どういう性質かを暗喩する。 ああ、一般の自衛隊ではなく隠密部隊なんだなぁという認識をここで植え付けられる…

続きを読む

抵抗 -死刑囚の手記より-

「抵抗 死刑囚の手記より」近所ではレイトショーのみの短期上映でした。 第二次世界大戦中、ドイツ(ナチス)占領下のフランスのリヨンで、モンリュック監獄に投獄された主人公が脱獄を計画する話。 アンリ・ドヴィニ大佐の手記に基い…

続きを読む

シャッター アイランド

引っ越し騒動でバタバタしてる間に、4月封切りの映画が終わってしまうことに気づいた。いろいろ見たいものがあったのだが、この「シャッター アイランド」もそのひとつ。主演はレオナルド・ディカプリオ。 もはや数日で上演終了で、近…

続きを読む