3Delightで目が真っ黒になる問題

最近はIrayレンダしかしてなかったので気づきませんでしたが、3Delight用のマテリアルを作ろうとしていて、なんど調整してテストレンダをしても白目が真っ黒になる現象に遭遇。
ちなみにルートパスなどに日本語は一切入っていない。

レンダ前のプレビュー上では上の状態なのに、レンダすると下のようになってしまう。

いろいろ数値や色をいじってみたがどうにも解決できなくて、いじり倒してる間に妙なとこを触ったんじゃないかと思い、デフォルト状態のGenesis8を呼び出して、付属の3Delight用マテリアルに差し替えてみた。

プレビュー
3Delightレンダ

あり???目全部が真っ黒になるぞ!
一応他の手持ちのテクスチャも試してみたがG8全滅。
これはG8関係の目のマテリアルがおかしいようだと、Iris,Sclera,Cornea,Pupilと目玉に関係ある部分のマテリアルを全部肌表面と差し替えてみた。

プレビュー
3Delightレンダ

肌色で気持ち悪い状態だが、やはり白目部分がおかしい。
うーん、よくわからなかったので、試しに Genesis3の方のマテリアルセットを試してみたら、いくつかまともにレンダされるものがあることに気づいた。

上記の項目を一個一個確認して、異なるパラメーターになっているところを一か所づつ修正していった。
いくつか数値だけではなく異なるところも確かにあったが、それらを修正しても判別できなかったので、こんどはパーツごとにシェーダーとして書き出して、1か所適用してはレンダリングで確認を繰り返してみた。

まさかの「EyeMoisture」だった。
こんなのほぼただの透明でテクスチャもない涙でしょ?と思って見逃していた。
この「Refraction Strength」に微妙に数値が入っていたのを0にしたら、すっきりクリアになった。
Refractionって屈折率だから、そんな大きな問題になるところとは思っていなかったのだな。
白目だから Sclera だろうという思い込みもあった。

世代によって意外と変なとこで影響してきたりするので、勉強になった。

追記:Irayでもモデルによってはeyemoisture問題が出ることがあるらしい。
基本Genesis3とGenesis8はテクスチャ互換があるので気づかなかったが、目玉の構造がちょっと違うんだね。

Diffeomorphic / Import DAZ / issues / #136 - convert Iray Refraction (thin wall ON) for Eyemoisture G3 material — Bitbucket

コメント

タイトルとURLをコピーしました