コンテイジョン

感染から発症までの期間が短く、感染率、致死率も高い謎のウィルスが世界に蔓延する。
全体像からみたら、ああ、どっかで聞いたような話。

ただ、徐々に感染が広まっていく様子や、身近な人々が感染していく恐怖など、テンポが良いので引き寄せたままざくざく進んでいく。

街中がゴーストタウンのようになり、大量の死体が埋葬もされずにあちこちに転がされてるところなど、昔痘瘡が大流行してなすすべがなかった時代などこんな感じだったのかなと薄ら寒くなる。

そうしたパニックの中、デマゴーグ的な奴が表れて民衆を煽り、余計おかしな方向へ持っていくんだよな(--;)
根拠もはっきりしない声がでかいだけの奴の言葉を鵜呑みにするな!と言いたいとこだが、藁にでもすがりたい民衆は悲しいかな流される。

そんな世も末のような状況の中でも自己犠牲精神を発揮して、自ら死地に赴いたり人体実験のモルモットになろうとする人間も現れる。
信念を持った人間と自分以上に守りたいものがある人は強い!

。。。でも、生体実験でサル殺しすぎだよな~~。あれじゃあ大量殺戮に見えるよな~~。
人間が助かるために他の生物を犠牲にするエゴの精神も描きたかったのかもしれないけれど。。。

全体的な構成とか、流れは良かったし安定して見れたんだけど、やや食傷気味のテーマともいえるので、何かもうひとひねり欲しかったかな。

コンテイジョン [DVD]

コメントする