月に囚われた男

アマゾンプライムで、最近追加された映画としてよく目についたので見てみることにした。
監督のダンカン・ジョーンズはデヴィッド・ボウイの息子なんだね。
戦メリはもってたけど、先日「ラビリンス/魔王の迷宮」のDVDをセールでみつけて、懐かしくて買ったところだw
だからなんか独特のセンスを持ってるんじゃないかとつい期待してしまうところもある。
ちなみにちゃっきちゃきの宇宙空間SFです。

映画『月に囚われた男』予告編

近未来のエネルギー資源として、月から採掘されるヘリウム3に地球は頼っていた。
そこで働くのは、とある大会社から派遣されるなんと宇宙飛行士1名。3年契約で交代。

。。。。。。。この時点でかなりの違和感を感じる。
海外どころか地球外ですよ?
いくら地球から近いとはいえ、飛行中や作業中に何かあるかもしれないし、緊急事態に対処できるように最低2-3人グループ行動は基本じゃないのか?と。
まあその辺の理由はおいおいわかってはくるのですが。。。

基地には様々なロボット類もいるわけで、一番身近な話し相手にもなるロボットが途中で不審なそぶりをみせるわけですよ。
あ、これは2001年宇宙の旅の「HAL」パターンになるのではないか!!

。。。と思わせといてそうでもない。

結構早い段階でクローン人間が登場して、こりゃ大量生産されてるな。「A.I.」パターンかな。
と思うが、そう悲観的でもなくむしろ滑稽さを感じる。でもせつなさと理不尽さは残る。

当たり前だが自分と同じ姿形でまったく同じ記憶を持ち、性格も瓜二つ。
それが時には激しい喧嘩をしたり、労わりあったり、性格を嘆いたり、協力して現状打破する方法を考えたり。
こりゃ確かに以心伝心お互い考え方もわかる相棒にもなるわけだな。

映像は十分美しく、クローンとしてのお互いの干渉も良いのだが、最終的にはやばすぎるブラック企業に負けるな〜〜〜!的な印象が強い。

月に囚われた男 コレクターズ・エディション [DVD]

コメント