UNDER WATER SPACE

国内神奈川県

先週の週末に横浜に行く用事があったので、久々にちょっと散策もしてみようとどんなものが現在あるのか調べたところ、アクアリストとして気になるものが。。。

アクアリウム宇宙旅行 UNDER WATER SPACE
「宇宙×アクアリウム」テーマの水族館が横浜ワールドポーターズで、”宇宙を旅する”エンターテイメント アクアリウム宇宙旅行...


宇宙 × アクアリウムをコンセプトにした期間限定水族館ですと!?
とりあえず行ってみよう!

場所は横浜赤レンガ倉庫のすぐそばにあるワールドポーターズ内。ここにはもふもふ動物たちと触れ合える「アニタッチ」も入ってるので、水族館見て、もふもふして、お昼食べて、赤煉瓦でお買い物もいいなと。
ワールドポーターズ自体もかなり大きなショッピング施設でそれなりに客も入ってるのだが。。。UWSめちゃ空いてるな(ーー;)

「水の惑星アンダーウォーターペースへの宇宙旅行」がテーマとなっており、宇宙船みたいな雰囲気の中を進んでいきます。

ちょいちょい出てきて道案内をしてくれるのは、やたらハイテンションな外人風の宇宙人?のホログラム。
SFっぽいモニターと水槽のコラボレーション

ワープであっという間に到着です。

ぶっちゃけ魚自体は、一般的な熱帯魚店にいるような淡水魚で物珍しくもない。
魚をみるというよりは、演出と飾り付けを楽しむような感じ。

毒々しい色彩とケバケバしさと騒がしさがむしろチープな印象を与える雰囲気は某国あたりに喜ばれそう。。。。
爬虫類両生類系もちょこっといます。

生き物の名前も本来とは違った「宇宙名」みたいなのが勝手につけられていて、子供たち間違って覚えそうだな(^^;)

正直あまり「宇宙」は感じなかった。
強いて言えばブレードランナーやトロン風の世界観なんだろうが、ふと頭に浮かんだのはパルプフィクションと歌舞伎町でしたw。

奥の広い部屋にはソファやベンチなど座れるところはたくさんあったので、買い物疲れた時に一休みして癒されるスポットとしては良いかもしれない。
飲み物が買えるバーラウンジも併設されてるし。

入手しやすい魚が多いからこそ、自宅水槽のインテリアや水草の使い方など参考になる。。かもしれません。
円形窓水槽は時間でライトの色が変わっていくので、背景色変わるだけで印象違くなるもんだね。

異星のディスコパーティー会場をイメージしたそうな。椅子までネオンぎんぎらぎん(座り心地はカチコチ)

自然界でも確かにエイリアンっぽい生物たちっているよね。

ブラックゴーストも昔飼いたかったんだけど近所で売ってる店なかったんだよねえ。
でも、さらにあーーー、確かに。。。。っぽい!と思ったのがこいつら。

どどーーーん!

最後はちょっとしたミニシアターの映像見て、入り口でもらったメダルでガチャガチャを引いて、書かれた景品を出口の売店で受け取って終了。

まあなんというか、遊園地のアトラクション的なものだと思えばよいんじゃないでしょうか?
ただなんというか。。。開園当時はもっとしっかり手入れしてたのかもしれませんが、コケや藻が見られたり餌に水カビが生えてモワモワしてたりするのは気になりました。