サンプ大掃除

チンアナゴ一家やテングカワハギなどようやくまた仲間が増えてきたところで、ミドボンも耐圧検査を終わって帰って来たので、設置しなおしついでに機材もきれいにしておこうと。

スキマーやBPリアクターなどもきれいに洗って、メディアのごみなども落としピカピカに。

サンプの一番奥にあったカルシウムリアクターを取り出してみたら。。。
うっ、なんじゃこの色は。。。

Co2切れと検査でしばらく稼働停止のまま海水に付け込んであったせいか、あきらかになんかやばい色になっていた。
どうみてもよろしくない色なので、全部取り出して、新しいメディアをRO水で軽くあらって詰め替えました。

で、すべての機材を取り出してみると、サンプの汚れが非常に気になる。
これはサンプもついでにきれいに掃除しておこう!

ポンプとクーラーを止め、パイプの栓も閉め、まずは周囲についたコケや石灰をスクレーパーでそぎ落とし、メラミンスポンジでごしごし。
目立つごみは網ですくったあと、換水ポンプを掃除機代わりに底のごみごと排出。

バケツに作っておいた海水60Lぐらいを注ぎ込み、機材をセットする。
うむ。だいぶきれいになったぞ。
これでフィルター袋の目詰まりも少しはしにくくなるかな?

サビサビでみすぼらしかったミドボンは、きれいに塗り替えられて、バルブ付近が新品に取り換えられてました。

これでしばらくは水もピカピカの状態で、生物たちも気持ちよく過ごせる環境になったかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました