四万温泉:柏屋旅館

四万温泉の入口すぐのあたりにある大きめの建物で、3つの貸切露天風呂入り放題がうり。
館内無料Wi-Fiも利用できる。携帯は一応ほぼ入るが不安定な時もあり。

四万温泉柏屋旅館 貸切露天風呂が人気の群馬県の温泉旅館 | 公式サイト
昭和レトロ漂う群馬県四万温泉柏屋旅館では、3つの貸切露天風呂や地元食材の旬の味覚をご堪能ください。

お部屋がちょっと変わった配置で、8畳の和室の奥窓際に椅子とテーブルのミニリビング。
窓の外にはデッキテラス付き。

kashiwaya (2 - 51).jpg

そこまではよくあるタイプだが、トイレと洗面がそれぞれの椅子の後ろにある。
ここが余裕なくて誰か座るとトイレにはいれないし、トイレの中には手洗いがないの出た後手を洗おうとすると逆の椅子の裏に回らないといけない(笑)タオル干しと冷蔵庫もそこにあるので、椅子が引いてあるとわたわたする。

浴衣は廊下にある棚から好きな柄とサイズのものを持ってくる仕組み。
帯やタオル、バスタオルなどは部屋に大きめの籠バッグ入で備え付けてあります。

全面禁煙で、廊下に喫煙所の小部屋あり。(その隣に浴衣置き場)

kashiwaya (15 - 51).jpg

お風呂は男女別内風呂がひとつずつと、貸切の露天風呂が3つ。(その他に露天風呂付き客室が2つありますが)
貸切風呂は予約とかはないので空いてたら早い者勝ち。
そのため、客数が多いといつまでたっても誰かが入ってる状態でなかなか取れない(笑
遅めに到着したせいもありすでに貸切は満員。まずは洗い場もありそうな内風呂にいってみることにした。

海外からのお客さんも多いのか(実際に宿泊してました)、内風呂入口前には温泉のマナーを記した絵いりの説明書きがありました。
。。。なかなかシュールでよろしい。

kashiwaya (5 - 51).jpg

内風呂には、洗面にブラシ、ヘアキャップ、髪ゴム、綿棒、コットン、化粧水、ドライヤーなどあり。
風呂場にはシャンプー、コンディショナー、ボディソープ、洗顔ソープが備え付け。

ステンドグラスのハマった、レトロな雰囲気の木桶の洗い場と、懐かしい感じのタイルの銭湯みたいなお風呂。
シャワーの水圧は弱めです。
湯はやや熱めで無色透明無味無臭。だけど体の芯まで温まってなかなか湯冷めしません。
ナトリウム-カルシウム塩化物硫酸塩泉(源泉48.2度)

kashiwaya (4 - 51).jpg

1Fには自由に飲めるコーヒーマシーンとライブラリスペースもあり、湯上りにコーヒーをいただきながら読書もできる。

kashiwaya (7 - 51).jpg

夕飯は部屋出しだけど、備え付けの座卓ではなくお膳でひと揃えでてきます。
ああこりゃ食べきれないなと直感するボリューム。

kashiwaya (8 - 51).jpg
kashiwaya (9 - 51).jpg
kashiwaya (13 - 51).jpg
kashiwaya (11 - 51).jpg
kashiwaya (12 - 51).jpg
kashiwaya (14 - 51).jpg
kashiwaya (16 - 51).jpg

さて、露天風呂ですが、それぞれの浴室の脱衣所の鍵を閉めると、入口の名前の上に電灯がつきます。
廊下からその点灯、消灯を判断できる仕組みになっています。
月乃湯、櫻乃湯が同じ入口で、楓乃湯が奥のつきあたり。
15:00~深夜1:00、翌朝5:00~11:00までと24時間ではないので注意。

「月乃湯」は大きな樽型のお風呂。竹の雰囲気も良いですね。

kashiwaya (17 - 51).jpg
kashiwaya (27 - 51).jpg

「櫻乃湯」は和風庭園風。

kashiwaya (19 - 51).jpg
kashiwaya (36 - 51).jpg

風呂脇には頭にタオルをのせた小太りのおじちゃん?がほっこり。

kashiwaya (37 - 51).jpg

「楓乃湯」は櫻乃湯と似たようなつくりですが。。。。。

kashiwaya (49 - 51).jpg
kashiwaya (20 - 51).jpg

この時期は楓ならぬ「栗の湯」といって良いでしょう!
ちょうど風呂の上部に大きな栗の木があるので、大量のイガグリが落下して風呂の中まで入って茹で栗が出来上がってますww
体洗ってる時にも屋根に降って来る大きな音がするのでびくっとします。スリルを求める方にも。。。

kashiwaya (21 - 51).jpg
kashiwaya (22 - 51).jpg

朝食は和食、洋食から選べて、早めに散策する方用にも柏屋カフェでのブランチも選べます
今回は和食で。白米とおかゆも選べます。

kashiwaya (24 - 51).jpg
kashiwaya (23 - 51).jpg
kashiwaya (25 - 51).jpg
kashiwaya (26 - 51).jpg

翌日は奥四万湖周辺の山をかもしか探しながらトレッキング予定だったけど、予報を裏切り朝から雨。
朝食後もしばらく様子をみたけど降り止む気配もないので、奥四万湖だけでもぐるっとみてこようと。

kashiwaya (33 - 51).jpg

天気が悪くても、相変わらずの四万ブルーです。
一般的には雨が降ると泥水で茶と緑がまざった濁りになるけど、青さを保ってるのがすごいなと。

kashiwaya (29 - 51).jpg
kashiwaya (28 - 51).jpg

前は徒歩で滝などもみながらぐるりと湖を一周したんだけど、今回は車ではしょって(^^;)
しゃくなげの滝の水量も多くなってました。
この周辺が毎年クマ目撃情報が多いみたいなんだよなあ。。

kashiwaya (30 - 51).jpg
kashiwaya (31 - 51).jpg

残念ながら今回はカモシカと出会うことができませんでした。悪天候なので森の草葉の陰に身を潜めていたのかもしれません。

kashiwaya (32 - 51).jpg

四万温泉は草津や伊香保などとは違い、コンビニひとつない大自然と閑静さが魅力のとこなので雨が降ると行くとこにちょっと困る。
(陶芸や木工、そば打ち体験などはあるのですが)ちょっと中之条町の方に戻って、足湯やおみやげものやカフェなどがある中之条町ふるさと交流センターへ。
その裏側に歴史と民俗の博物館「ミュゼ」というのがあったので行ってみた。

kashiwaya (35 - 51).jpg

元吾妻第三小学校で、明治初期の洋風学校建築そのものも文化財。教室などもフルに使って、縄文時代から現代まですべての歴史がぎゅっと詰まってます!
この付近には岩櫃城、嵩山城をはじめ数多くの城址が数多く点在してるんですが、武田信玄と真田氏の進出の歴史なども勉強になります。

中之条町歴史と民俗の博物館「ミュゼ」|群馬県
吾妻郡中之条町にある博物館です。受け継がれてきた貴重な資料や文化財を展示しています。企画展や講座の案内も掲載しています。

中之条町のかわいらしいカフェで、軽食とお茶をして早め宿に戻りました。後はお布団に転がって露天風呂三昧!

kashiwaya (38 - 51).jpg
kashiwaya (39 - 51).jpg
kashiwaya (40 - 51).jpg
kashiwaya (41 - 51).jpg
kashiwaya (42 - 51).jpg
kashiwaya (43 - 51).jpg
kashiwaya (44 - 51).jpg
kashiwaya (45 - 51).jpg
kashiwaya (48 - 51).jpg

昨晩の釜飯はアサリと揚げだったが翌日は松茸。ここまでのボリュームもあるので毎度軽く数口しかたべられません(ーー;)

kashiwaya (46 - 51).jpg
kashiwaya (47 - 51).jpg

朝食を洋食にした場合、ソーセージがかなり食べ応えがあり、クロワッサンが絶品!和洋食どちらでもつくガーデンサラダが新鮮でおいしい。

kashiwaya (50 - 51).jpg
kashiwaya (51 - 51).jpg

私にはちょっと量が多すぎるけど、料理も温泉も満足で和風なレトロさと落ち着きのあるインテリアが魅力。
スタッフのみなさんも全体に若くて溌剌として対応も気持ちの良いいいお宿だと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました