秋葉原を彷徨う夢

会社帰りなのかな?必要なものがあって秋葉原に行った
ある電気屋のビルに入ったのだが、相方がまた一人でふらふらと違う階に行ってしまったらしく、何階にいるのかもわからない。
ビルは結構多くの階があったが、その店は3,4、5階となっていて、エレベーターで上に覗きに行こうとしたが、他の人や乗ってくる人たちとかちあって、なかなか乗れない。

足も疲れて非常にのどが渇いて来たのでどこか周辺でお茶をして待ってようと思い、その旨をメールしたら「ルカ」という人が出てちょっといら立っているようだった。
文中にはないのだが、なぜか心の声が聞こえてきてしまい(なんだよ、ゆっくり見させてくれる時間もないのかよせかしやがって。。。)と、不満たらたらのようである。

ところで「ルカ」ってだれだっけ?
相方と来たと思っていたのは勘違いだったのか。
じゃあ、あの人かな?それともあのひとだったかな?
とりあえず落ち合えばわかるだろうとわかんないまま放置して、休めるところを探す。

しばらく来ない間に結構変わってしまい、喫茶店やカフェなどが全然見当たらない。
ああ、最近は規制が厳しくなってそういうのはみんななくなってしまったんだな。
それなりに歩いて行ったが大通り沿いにはなさそうなので、そうだ、細い路地とか裏通りとかにあるかもしれない
とまた店の方まで戻ってきて周辺を探したが見当たらない。
路地のほうでドトールっぽい看板が見えたので行ってみたら、ただの飲み物を売ってる商店っぽいスタンドだった。

引き返して万世橋のほうへいってみたら、そのあたりが橋ではなく縦に大通りが走っており、上に高速の高架っぽいのが並走してた。
ちょっと坂になっているのを登っていったら、大きな通りの向こう側にファミレスっぽいのが3件並んでるのが見えた。
まあ、ファミレスでもドリンクだけ頼めばよいかなとも思ったが、よく見たら蕎麦屋っぽいレストランと寿司屋っぽいのとなにかで、結構人がぞろぞろ入っていって混雑してそうだ。
あ、そうだ、こういう時はGooglemapとかで周辺調べればいいやんと思い当たり、民家の横のちょっとへこんだところでスマホを開いて調べようとしたら、近くを通ったサラリーマン風のおじさんが「この周辺に喫茶店ってありませんかね」と聞いて来ようとしてるのがわかった。
なんでいつでもどこでも道を聞かれるんだよ、こっちも探してるとこだよと面倒に思ったところで、通りかかったこの付近の住民らしき人が「あーこの辺りは全然ないよ。もっとかなり離れたとこまでいかないと」と先に言ってくれた。
あーやっぱこの近くにはないのかあと一緒に内心がっくりした。

仕方ないが付近の細い通りを進んだら、外に新聞や段ボールをクッションにしたベンチがあり、
レジ裏にひとりだけ座れる丸椅子があるボロボロで小さなラーメン屋があった。
なんとなくおなかも満たせてスープでのどの渇きもいやせそうな気がしたので1杯注文した。
薄味の半透明なスープであったが前かがみになったせいか、まるで「横から」水面に触れたように、袖が上から食べ物に触れるように、着ていたふんわりとした水色っぽいチュニックの前面にべちゃっとスープがついてしまった。

立ち上がったらぽろぽろとスープが床にしたたり落ちて、ラーメン屋のおやじに明らかに嫌な顔をされた。
「すいません、すいません」と服と床を拭き、ベンチの新聞紙なども直して整えていたら「おれもよくそれやるんだよな」と笑顔になってほっとした。


夢の不条理あるあるであるが、会社帰りにふらりとアキバに立ち寄れるようなところには住んでいないw
ただし、昔は仕事で付近をまわっていたのと、パソコン関係の買い出しでうろついていたのである程度は見慣れた町ではあった。

また、実際に気軽にお茶できるところをいつも見つけるのにうろうろはするが、ある程度はカフェバーやファミレスが点在してるので、まったくないということはない。
そもそも途中からまったく違う街になっちゃってるし。。。

さて、時に気になるのはまず「ルカって結局誰?」ですな。
もちろん本名ではなくあだ名なんだけど、過去にそういう風に呼ばれてた友達はいない。
しかし知らない人ではなく明らかにそこそこ親しい間柄のようであった。

この名前が印象に残るというのもキーワード的に扱われるんだけど、自分を表している場合の例は結構ググれば出てくる。
知らない人というわけでもなく、知ってる人なのに覚えのないニックネーム?みたいなのはどう扱えばよいのだろう。。。

ただこのルカという名前でぴんとくるのは、新約聖書の『ルカによる福音書』などのキリスト教の聖人。
とはいえ名前は聞いたことがあってもどういう人で何をしたかとかはさっぱり理解してない。「ユダ」とかだったらもっとわかりやすかっただろうが何故この名で出てきた?

またもや店を探す系の夢であったが、喫茶店を探すのは安らぎを求めてるとか、孤独感や人間関係に関する不安の表れだとか。最近そういう結果の夢をよく見る気がするが、別段思い当たる不安はないんだけどなあ。

で、結局みつからなくてラーメン屋に入るという目的が変わっちゃってるわけだがw
食べる事態は幸運が訪れる予兆らしいが、そのあとこぼしちゃったのはチャンスを逃すと。。。
プラスマイナス0だな。何も起こらなかったと同じということで(--;)

とりあえず総合的に言えば人間関係にマンネリ化して、疲労感がたまってずるずるな状態、、、っと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました