カメラを止めるな!

正直なところを言うと、ポスターや紹介記事などを見た感じでは中途半端な低コストのコメディという感じであまり期待してなかった。
しかもゾンビ映画ですよ!?(笑)うさんくさくなるのは目に見えてるじゃないですか。

それが何故かどんどん話題になっていくのが不思議で、でも大衆受けするのが必ずしも面白いとも感じないとこもあるしとやや懐疑的ながら見てみた。

映画「カメラを止めるな!」特報

話題のワンカット・ゾンビサバイバル映像は、ぶっちゃけ
「これって、なんだか映研サークルとかで作った素人作品っぽくね?」
という印象。
予算がなくて無駄にフィルム使えないから、一発撮りのこういう無理な設定にしたんじゃないかと感じてしまうような。。。

すごい演技が下手というわけではないのだけれど微妙な路線で、所々不自然な間があったり、セリフや行動に無駄が多い。
わざとらしかったり、話の流れ的にいるのかそこ?だったり、何を見せられているのか?と見ていて入り込めないツッコミどころが満載なのだ(笑)

それでいながらテンポがよく、笑いもあり、どこまでが演出でどこが本当は事故なのか考えちゃうところもある。
そして、サークルっぽいと言ったが、どこか楽しそうでこの映画なら一緒に参加して見たかったなと思わせる何かもある!

ここまでなら「B級映画」としてそこそこ楽しい程度なのだが、実はここからが本筋だった!

キャッチコピー「最後まで席を立つな。この映画は二度はじまる。」はウソじゃない。
もうね、笑いが止まらぬクスクスゲラゲラのオンパレードで楽しくっていじらしい。

ネタバレしたら面白さが多分かなり減ってしまう気がするので、内容は書きたくはない。

ただ、最初に素人作品だと思って本当にごめんなさいm(_ _;)m
この構成にはやられた。完成度の高い間違いなく1級のプロの作品です!

ぶっちゃけ今まで見た日本のコメディ映画の中で一番おもしろかったと言える!

なんというか、映画の世界ってやっぱりおもしろいなあ、本当に映画好きの人たちが作った作品なんだなあというのが伝わってきて、何かを作り上げる難しさと楽しさを教えてくれます。

知名度の低い役者さんたちをオーディションで選出したということですが、中でもちょっと抜けて見えたのは細井学さん、大沢真一郎さん、竹原芳子さん。
細井と大沢さんはベテランの風格というか非常に安定して浮いた感じがなかった。
竹原さんはどこまでが演技かはわからないがキャラが強烈なので目につくw
濱津隆之さんとしゅはまはるみさんは舞台俳優のほうのにおいがする。

見終わった後もワンカット映像とその後の展開を思い出してはにやにやと思い出し笑いが続いてしまうという。。。
結構この映画はヤバイ!!好きです。見といてよかったあぁ~~~と思いましたよ。

映画『カメラを止めるな!』公式サイト
映画『カメラを止めるな!』の公式サイトです。ENBUゼミナールのシネマプロジェクト第7弾作品。短編映画で各地の映画祭を騒がせた上田慎一郎監督待望の長編は、オーディションで選ばれた無名の俳優達と共に創られた渾身の一作。 脚本は、数か月に渡るリハーサルを経て、俳優たちに当て書きで執筆。他に類を見ない構造と緻密な脚本、37分...

コメント