ハンドルのグリップを交換してみた

だいぶ前に、ペダルと一緒にハンドルも交換しようと購入していた。

が、はずしかたがよくわからず、そのまま放置になっていたのだが、こないだの掃除の時にチェックしてみたら

handle_koukan01.jpg

う、エンドにあたる端部分が擦り切れて陥没し、むきだしとなったパイプがざきざきになってきてる。

こりゃまずいだろうと本やネットであらためて調べてたら、交換時の秘密兵器があったことに気づいた。

これだ

oosouji_3.jpg

そう、クリーナーを活用すればよかったんじゃん!

まずはグリップの端をちょこっと持ち上げて、スプレーの細いノズルを押し込む。

そんでもってちゅ〜〜っとクリーナー液を注入。

handle_koukan02.jpg

あら不思議。ガチガチだったグルップがするすると動くじゃありませんか!

何カ所か多めに差して、ぐにぐにひねりながら馴染ませる。ただ、クリーナーは蒸発するから、乾く前によいしょっと引っ張る。

スポーンときれいに抜けました。

handle_koukan03.jpg

なぁんだ、意外と簡単やん。

ただ、買って来たグリップを差し込んでみると、どうも長過ぎたようで。。。

今回のは別にエンドキャップがついているタイプなので、奥まで入らないと固定できない。

handle_koukan04.jpg

ちょん切ったらかっこわるくなるしなぁ、、と思ったら、ねじひとつゆるめるだけで、ブレーキの位置を動かせばいいんじゃん!

handle_koukan05.jpg

ゆるめてすすすーと動かし、グリップを装着固定した後に、それに合わせた位置で固定すればOK。

エンドキャップがばねみたいな形ではまりにくかったけど、ゴムの金槌でがんがん叩き込んだら入りました(^o^)

が、問題は逆側のハンドル。

うっかりしてたが、グリップ式のギアチェンがついてるせいで、かなり場所をとってる。目一杯カーブするところまでずらしても、まだおさまり切らない。

handle_koukan06.jpg

これ以上押し込むのは無理だ。だいたいどのくらい差があるのよ?と思って比べてみたら。。。

handle_koukan07.jpg

無理無理、こりゃ絶対無理!!(笑)

デフォルトのはゴムカヴァーみたいな感じでエンドまでつながった形なのだが、そういや左右の長さがかなり違ってたなと(気づくの遅っ)

てなわけで。。。

handle_koukan08.jpg

チョッキンちょ。こりゃもうそうするしかないでしょ〜〜〜。

のこぎりでぎこぎこやったのだが、真ん中が水道管のパイプみたく硬かった。だいたいの目安でやったため、まっすぐきれいに切れてないや。(ーー;)

ちょいと不格好だけど、そのうち気が向いたら切り直そう

handle_koukan09.jpg

てなわけで、なんとかグリップ自力交換終了。これは上のポツンと開いた穴が小さなネジになっており、それで固定するタイプ。

handle_koukan10.jpg

ハンドルまわりが現在こんな感じに。

また土地勘がない場所に引っ越して来たのでGarminGPSが活躍しそうだ!中央は反射しちゃってるけどサイクルコンピュータもついてます。コンパスも一応。

iPhoneのナビ、トラック系アプリも使ってみたいんだけどね。(インストールはしてある)

ハンドルまわりがごちゃごちゃするので、ライトを妙な位置につけてますが(笑)

あれこれカスタマイズしまくってはおりますが、本音を言えば、フレームの形自体が気に入らなくなってるんだよねー。(BISOUなのでママチャリっぽい)

あと、リムとスポークとホイールまわりも変えたい。。。。。ってなると、新たに組み上げる段階からカスタマイズして、買い直したほうがいいんじゃないかと思うこのごろです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました