上野動物園-3 西園編

03 関東 国内 東京都

さて翌日の日曜日。
あわよくばまたパンダをひとめ見ようと、開園前に行ったがすでに大行列(ーー;)
土曜も午後になったら行列が減っていたので、もし時間があれば帰りに見ようと西園に直行することにした。

IMG_0726.JPG

上野動物園と言えば、東と西を結ぶこのモノレール。。。を横目にみながらぷらぷら歩いて西へ。(笑)

東から西へと渡って来ると、まず最初にあるのが雄大な不忍池とこども動物園。
いつもはだいたい通過しちゃうんだけど、ひさしぶりだからこども動物園も覗いていくことにした。
小動物や家畜たちと触れ合える広場ということで、お子様連れの家族が多い。放し飼いのヤギも多い。

yagi.jpg

こういうのだけかと思っていたら、ハクビシンとヤマアラシの展地場があった。
ぬお、ハクビシンってよくみたら、めっちゃかわいいやんけ〜〜〜。

hakubishin.jpg

しかもちょうどご飯タイムがはじまったのだぁ。ロープやかぎ針にぶらさがった餌を、両手で器用にたぐりよせて食べる。かわいいだけじゃなく頭もいいのだな! なんか悔しいぞ。

hakubishin02.jpgR0014562.JPG

木の下の地面ではヤマアラシたちももぞもぞ行動開始。

yamaarashi02.jpg

短い両手で抱え込むようにして食べます。ほら、おいしさのあまり笑顔が。。。?

yamaarashi.jpg

思わず釣られてにんまりしながら、大好きなペンギンを覗く。

penguin.jpg

数と種類は少ないんだけど、子供時代から馴染んで来た上野のケープペンギンたち。

R0014588.JPG

で、西園で私が一番好きなところが「小獣館」。
小さな夜行動物たち大集合のポイントです!
ただ、とにかく暗いので、フラッシュ厳禁の動物たちを撮影するのが非常に厳しい(^^;)
マングースの仲間では最小らしい、コビトマングースたち。どことなく賢そうな顔立ちをしてますな。

 manguse.jpg

なんとか博士みたいな個性的な白髪頭のコモンマーモセット

mamoset.jpg

ネイティブアメリカンのような雰囲気漂うワタボウシタマリン

liontamarin.jpg

三毛猫ならぬミケリス

mikerisu.jpg

ハダカデバネズミ。

01hadakadeba1106.jpg

生まれたてのように毛がなくて、しわしわで、出っ歯で、ものすごく不細工。=とっても好き(爆)

02hadakadeba1106.jpg

目つきがとっても悪かったマヌルネコ。

IMG_0748.JPG

ハリネズミ

night02_1106.jpg

真っ暗でちゃんと写ってるかも定かでなかったが、帰宅して画像処理ソフトで発見できたショウガラゴ。
カメラ目線で、顔が目だけでいっぱいのような姿がかわいかった。

roris.jpg

モモンガ。

night03_1106.jpg

立ち姿がかわいいミーアキャット

mia-11106.jpgmia-21106.jpg

他にもたくさんの小さな動物たちがいます。

ここは行った時に動物が入れ替わっていたりするので、その時に何がいるかがお楽しみ。やはり体が小さいから寿命も短いんだろな。
かなり前には「コミミハネジネズミ」というのいがいて、これがかなりツボにはまったんだけど、、、

さて、真っ暗なとこからまぶしい日差しの地上へ戻って、アフリカの草食動物たちのコーナーへ。
カバも気持ちよくお昼寝中。

kaba.jpg

コビトカバは小さくて黒光りしてるんだけど、そういえば他であまりみかけないな。原始的な形に近いらしいよ。

IMG_0768.JPG

キリンは隣のサイのエリアにある葉っぱをつまみ食いしてました(笑)

kirin.jpg

オカピとか珍しい動物もいるんだけどね。

IMG_0791.JPG

こちらもリニューアルされてた「両生爬虫類館」を覗く。
のっぺりしたオオサンショウウオとか、毒々しい青いカエルとか。。。
あ、このカエルはコンパラの3Dモデルであったんだけど、現物ははじめて見た!!

IMG_0806.JPGIMG_0804.JPG

もちろんワニやヘビ、カメなどもいますよ〜〜。
バナナワニ園みたいというか、葛西や八景島みたいなテラリウム風になっていた。昔はここに水族館が。。(いつの話よw)

いつの間にやら不忍池にも橋がかかり、アイアイの森というマダガスカル関連の動物たちのコーナーができあがっていた。

ワオキツネザルもお子様わんさかの季節。

DSCF0615.JPGDSCF0629.JPGDSCF0625.JPG

いやぁ、しばらく訪れない間にだいぶ変わっていて、みどころ満点でした! また来よう。

タイトルとURLをコピーしました