記憶にございません!

Comedy

多くのSPに囲まれた病院から、一人の男が寝巻き姿のまま逃げ出した。
なんと、彼は現在の総理大臣であったが、頭にぶつけられた石のおかげで記憶喪失になっていたのだ。
だが実は、「史上最悪のダメ総理」として、国民からの人気は最悪。のらりくらりとした態度で嫌われ者であったのだ。

自分の家や家族のことさえ覚えていないのに、政治的なこともあってひた隠しにして振舞おうとするのは当然無理が生じる。
らしくない行動ばかりする不自然さは滑稽であると同時に痛々しい。

さて、人間は直近の1部の記憶を失ったとして、性格や価値観、傲慢さや優柔不断さといったものまで消えてしまうものなのだろうか、、、

これだけ科学が発展しても、脳に関するメカニズムはまだまだ解明されていないことも多いらしいが。

三谷監督作品の喜劇は普段あまり見ないのだが、これは宣伝の段階でなんか気になった。
最近の若いイケメン美女俳優好きにはわからないかもだが、昭和世代にはなじみ深い名俳優が一挙勢ぞろいの豪華さなのだ!

まあありえない設定ではあるのだが、素直におもしろかったし、最後はなんかじんわりきた。

記憶にございません!
国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん...