サファリ

とあるアフリカの田舎の家で、病気で母親の余命が迫り子供だけで遥か遠くのおばさんの家に行かせる。
。。。。この段階でかなり違和感はあったのだけれど(--;)
町ならまだわかるんですが、危険な野生の猛獣がいるジャングル地帯を、徒歩だけで何日間も歩き続けろって生きてたどり着ける確率の方が断然低そうじゃん!

パラノーマルアクティビティみたいに何やらホームビデオを見せられているような粗い映像から始まる。
どうやら手持ちのカメラで素人が撮ってるよという一時期流行ったPoV手法というやつらしい。
わざとなのかカメラがやたら不安定でぐるぐるグラグラ気持ち悪くなりそうだ。

『サファリ』予告編

若いカップルと友人たちとで南アフリカのサファリツアーに来た。クルーガー国立公園は、私も行ってみたいところだなぁ。

しかし野生動物を触りまくったり、サファリ中の車から飛び降りたり、若者ならぬ馬鹿者っぷりにはイライラする。
さらに輪をかけて、客のリクエストに応えるために、安全の保証もない国立公園外のハンティングエリアに無知な観光客を案内するガイドもどうなんだよ(*´Д`*)

はい、結果は火を見るより明らかですな。
唯一道を知るガイドはコブラに噛まれ瀕死。
車は故障し、誰も通らないライオンたちのナワバリ内で取り残され、電話の電波も入らない。
身を守ることもできないむき出しのジープでどれだけ凌げるのか。
人々は焦燥に駆られて苛立ちが激しく衝突する。

この状況だからきっと次々にライオンに襲われていくのだろうと思ったら、、、事故?
全くど素人の集団だなあ(*´Д`*)

大自然の中で人間ってほんとひ弱で何もできない存在なんだなぁとは思う。

ストーリー自体はややグダグダ気味でカメラワークがメタメタなので疲れるしあまりグイグイ引き込まれることはなくなんとも微妙。

こんな状況で事あるごとにバタバタ大騒ぎして揉める若者たちのアホらしさがにゃんとも情けない。
それ、今ぁ?今じゃなきゃダメな話?

低予算系が悪いわけではないが、なんというかひたすら若者の浅はかさを見せられてる感じで内容があんまりないというかウーーン。結局あの少女はどうなるのか。トラウマにまみれた人生になりそうだ。。。

ズバリB級映画感が強いデス。

。。。てか、この作品以外にあるのか調べてみたら非常に似たようなニュアンスの「デス・サファリ」というのも作っており他にもいろいろ公開はしてるのだが、なんとほぼエド・ウッドなみの評価ばかりではないかww
つまり映画自体には強い熱意をもってるB級映画の巨匠と思うと違う見方ができるかもしれない。

サファリ [DVD]

コメント