ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

前回の、ガンダルフがモリアで悪鬼バルログと戦って、カザド=ドゥムの橋から地中の深い裂け目に引きずり込まれた後の奮闘の場面から始まる。

オークの襲撃で仲間とはぐれて今や2人だけになったフロドとサムは、指輪を狙って襲ってきたゴラムの手引きでモルドールへ向かう。

一方、ギムリ、ラゴラス、アラゴルンの3人は2人の痕跡を追っていた、、と今回は仲間が離れ離れの状態のまま話がすすんでいく。

サルマンに身をゆだねた側近を信頼するローハンの王は、本気で国を思う大事な騎士を追放してしまう。

古い古い森の奥で出会う、エントとは?
光り輝く白い魔術師の正体は?

雄大な景色を背景に、今回もそれぞれの誇りと守るものをかけて戦いは起こる。

しっかし彼らはほんと甘い。
自らの命を狙うものを許し、国を滅ぼそうとするものも許す。

ゴラムの2面性、善と悪との葛藤シーンも見もの。まあゴラムにとっての善が同じ価値観とは限らないわけだけれど(´•ω•̥`)

ちょいちょい時間軸のずれた回想を挟んでくるので混乱することもあるが、迫力の戦闘シーン
ではあるが、このストーリーの良いところは、戦争=格好良いという扱いではなく、戦いには犠牲がついてまわり、愛する家族や恋人や大事な子供なども容赦なく奪っていく悲惨なものであるということをクローズアップしてるとこだね。

人間の悲哀やプライドや喪失感や待ち受ける絶望感なども、ドロドロにならない程度に盛り込んでいるうまさ。

ギムリはちょっと小憎らしいドワーフだけど、エルフと必死に張り合う姿は可愛い。

今回のメインのサブキャラは森の守りエントだろう。
が、またもやピピンが縁の下の力持ちで大活躍なのだ。
彼がいなかったらフロドはとっくにサウロンの力に飲み込まれて、指輪も奪われていたに違いない!

ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔 [WB COLLECTION][AmazonDVDコレクション] [DVD]

似たテイストかもしれない映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください