フライト・ゲーム

いろいろ代表作はあるが、まず私が思い出したのは「お、スターウオーズのマスター、クワイ=ガンやん!」

空港から搭乗までもいろいろな人間模様がある。
様々な人種、様々な都合、様々な事象。
次から次へと映し出される人間模様は後々伏線になるのかな?と思うが、いちいち覚えきれないのであるƪ(˘⌣˘)ʃ

そして上空へ飛び立ちどこの国の飛行場にも緊急着陸できない太平洋上で、航空保安官の元へ殺人予告と取引の脅迫メッセージが入る。まるでずっと行動を監視しているかのような口ぶりで、乗客に紛れ込んでいるようだ。

もし事件が起きたとしても逃亡不可能な空の上の犯行とは?
見渡せば、あいつも、あいつも、あいつも、みんなどことなく怪しい。

予告時間に起こった殺人事件の犯人は果たして、、、

周到に仕掛けられた罠の目的は?

乗客の生命を守るという任務を全うしようと、焦れば焦るほど犯人の思う壺の状況にはめられていく。

ストーリー進行はかなり面白かったです。
まあ犯行動機が。。。えー?個人的な深いいわくとかじゃないのにあんな執拗に個人攻撃しとったんかいな!といまいちすっきりしないが、世の中不条理なことはいっぱいあるのでしょう。

非常事態とはいえ保安官があまりにも高圧的、暴力的なのや、本部が全く自分の部下を信用してないのや、態度の悪い乗客やらでお互いが無駄に傷つけあいまくるのはどうかと思ったが、あれだけ疑心暗鬼の泥仕合も最後は笑って流せちゃうのがまたなんとも(-.-;)y-~~~

フライト・ゲーム スペシャル・プライス [DVD]

コメントする