エイリアン3

そういやこれ、監督デヴィッド・フィンチャーだった!
この次にきっつい7つの大罪テーマの「セブン」を監督したんだな。

よくみると2は ジェームズ・キャメロンだし、1作目のリドリー・スコットもその後ブレードランナー作ってるし、結構贅沢だったんだなと気づく。

さて、リプリーが非常脱出で墜落したところから始まる。
前作2で一緒に脱出した他の乗組員は全員死亡。
エイリアンのキャラではアンドロイドのビショップが何気に好きだったな。(も、スクラップ寸前状態)

着陸先は一見地球かと思いきや、流刑惑星フィオリーナ161といういわゆる宇宙にある刑務所。
女っ気のない凶悪犯の巣窟にひとり紛れ込んだりぷりーの運命やいかに!!!

。。。。。。骨格のごつさもあってか、シガニー・ウィーバー の丸坊主が結構似合ってしまう。
エイリアンといえばシガニー・ウィーバーというくらいの代表作。思い切ったことをしたものだ。

医師役の チャールズ・ダンスもなんとも言えない雰囲気を出している。
襲われんの早すぎるよ( •᷄⌓•᷅ )

様々な人間模様と、息詰まる閉鎖空間での鬼ごっこがスリル満点。
凶悪犯罪者ばかりとはいえ、反乱に備えてここには武器になるようなものは置いてないという。
(アメリカ基準なら看守たちはごっついものいろいろ持ってそうなんだけど。。)

傲慢なやつもいれば、小心者でパニックおこす奴もいる。
いがみあうものあれば、協力しようというやつも現れる。
極限状態に追い込まれた時、人間はどういう行動をとるのか、それぞれありそうで興味深い。

本作のエイリアンは犬から始まったということで4足歩行というのも特徴になっている。
通路を逃げ回るシーンではエイリアン目線か、カメラが逆さになったりぐるぐる回る。

ぐらぐら燃える溶鉱炉のシーンで鎖につかまっちゃったら、こりゃもう「ターミネーター2」だよ。

2が結構派手な戦闘だったせいか3の評価はいまいちだったようだが、登場人物の心情やストーリー展開としては良かったと思う。
そういやエイリアンシリーズって、ホラーなのかSFアクションなのか分類にちと悩むぅ。

エイリアン3 [DVD]

似たテイストかもしれない映画

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください