ピンクラムズホーン爆殖中

初期潅水をできるだけこまめに頑張ったけど、オールリセットからの苔の繁殖力にはやはり勝てなかった。
そこで、ほんの1ヶ月ちょい前にオトシンと、小さいエビと、小指の先ほどの小ちゃなピンクラムズホーンを2匹だけ導入してみた。

んが、このわずかの間にピンクラムズホーン爆殖。

あっちにも、こっちにも。。。。

数えてみたら20匹以上は、いるようだ(ーー;)半端ない繁殖量やね。成長も早いようででかいのもいた。
ちょっとずっとアルカリに傾いてPH8近くだったので、余計に促進されたのかもしれない。間引きしていかないといけなくなってきたな。。。

オトシンもノーマルではいまいち見栄えがしないので、やや高価なニューゼブラオトシンと(裏からじゃわからんよ)

ボルケーノオトシンを導入したので水卒が心配だったが、いまのところどちらも落ちずに馴染んでいる模様。

ほんとは小型プレコやコリドラスいれたいとこだが、まだ藍藻系がはびこってるので、もうちょい安定を待とう。

関連記事

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください