ジオラマ:海中風景を作ろう-1

引っ越してからまだ整理できていない荷物もある。
水族館、動物園など行くと、記念の土産としてついつい海洋堂のガチャなどに手を出してしまう。
それが10年以上は続いてるもので、以前からのと合わせて整理しようとしたらこんなことになってましたw

そのまま並べて置くと埃がたまるし、掃除の時も邪魔でしょうがない。
なので以前からひな壇つきボックス型のホビーケースに入れていたが、いつかはちゃんとジオラマっぽく飾ろうとは思っていた。
どのくらいのサイズにするか、どうやって人形ケースのように四方を覆ってホコリガードするか悩んだが、「そういや昔使っていたキューブガラス水槽が物置に転がってなかったか?」と思い出し、引っ張り出して洗ってみた。

コンパクトで縦長なので、結構良いかも!

いつかはと思って少しずつ材料は集めていたので、、、ベースは50mmのスタイロフォームを使おう。
間口ぴったりサイズで切って、上から水槽逆さにかぶせる計画だったが、余ってる水槽用の砂もあったので、隙間を砂で埋める事を考えてやはり正方向で。

海底がまっすぐだとのっぺりするので、背後を高くカッターで削っていく。
起伏がある方が自然なので、あまり細かく考えず思い切りよく大雑把に削っていく。

この上に砂をかぶせ、ついでにやはり水槽用品で余っていた石などを配置してみる。
このへんはぶっちゃけ本物の水系作りと感覚は一緒。

フィギュアを配置するのに本当はレジンで固めた方が綺麗だし、水泡とかもリアルに出来そうなんだけど。。。
水槽また使うかもしれないし、配置もいつでも自由にいじれるので、とりあえずアクリル棒でフォームに突き刺す方法で。
ほとんどのフィギュアは突き刺して支える用の穴が空いているが、種類によって穴の形や大きさが違った!
なのでアクリル棒も太さと形状を変えて3種類準備した。

やってみると以外とバランスが難しいな。それにやはり透明とはいえ棒がなんか見苦しい(ーー;)

背景用に青セロファンと、クリアファイルっぽい素材の大きいやつでミスティブルーを準備したが、水槽にくっつけようと思ったら細い両面テープがなかったので、今日はここまで。

コメントする