河童出荷完了

バグ出しと最終確認をT2さんにご協力いただいて、無事カッパはドナドナされていきました♪
いやあ、やっぱ自分だけだと気づかないことも多々あり、結構おかしなとこありましたよ。

今回の「第13回和風展参加賞 」の参加賞として配布されますので、今年参加してないよという方も是非次回の参加を楽しみにしております。

Daz StudioのIray/3Delightと一応Poserに対応してますが、マテリアル構成やレンダリング方式の違いからレンダリング結果には違いが出るので、どんな感じになるかそれぞれチェックしてみました。

まず、同じDaz StudioでもIrayと3Delightは使うライトでも印象が変わります。
背景はHeart Of The Ocean for the Multiplane Cyclorama。

Iray
Heart Of The Ocean for the Multiplane Cyclorama
3delight

おなじ背景、ポーズでどちらもIBL系ライトですが、3delightでIBLライトだとかなりマットな感じになっちゃうんですよね。

Poserの方は、最近ではDaz StudioのIrayに当たるといってよいのでしょうか、Superflyという方式が主流になってきているようですが、私の所持するバージョンが古いためFireflyマテリアルのみです。ご自身でマテリアル調整されることをおすすめします。

と、いうか現時点ですでにOSとの相性が悪くなっているらしく、Poser起動するだけで5,6回失敗して立ち上がらないこともままあるので、そろそろ使えなくなる日も遠くはない気がする。
立ち上がってもかなり動作が重く、マテリアル画面も激重だったので申し訳ありませんが細かく検証できていません。

Poser Firefly

河童なので、水棲を意識してもともとかなりウエッティなマテリアルに設定してあります。
3delightで使う時には、spotやDistant Lightなどをメインに組み合わせた方が良い結果が得られる気がする。
参加賞ではなくなってしまったけれど、自主配布された三次さんのノボタン、同じく過去の参加賞であるスイセンとともに。
データの重さをかなり気にしてられたようですが、元データ4をインスタンスで増やして合計44本の花を咲かせてますが、全然軽くてまだまだ増やしてもいけそう。もっと花畑できますな。
背景はThe All New Worldbase XT Lushlands

3delight

しかし久しぶりに使って 3delightとFireflyの速さにびっくりした。
RealityとかIrayとか使うようになって特に、レンダリング完了まで数時間なんてのは当たり前になっていたので(24h超なんて時もあったなw)、目の前でさくさく最後までいっちゃう驚き。

まあその分リアルに見せるようにマテリアルやライト調整を行うのには技術と知識がそれなりに必要なんだろな。

最後にIray。
まあDoFとかも使ってるせいもあるでしょうがやはり数時間放置でしたw
せっかくなんで、もうちょいレタッチとかでごまかしてギャラリーにあげようかな。
背景は Hidden Burial Ground 。魚は HH Spinosaurus and Prey についてた古代魚。

Iray
Hidden Burial Ground
HH Spinosaurus and Prey
SY Super Splash Pack Iray

マテリアルは目が2種、髪色3種(Irayのみ)で髪の毛には形状変更、長さ変更、各種Windyモーフつき。
基本的にモーフは最大値をわざと大げさに作っているので、適度に調整したり組み合わせたりしてお使いください。

ぶっちゃけいつどんなシーンで使うのさ?という、もらってもどーしよ感満載なのはわかってますとも!

ニッチさ爆発なキャラであることは重々承知の上、少しでも楽しんでいただけたらなあと思っております。ハイ。

コメント

  1. T2 より:

    基本的にIrayはNVIDIAのGPUが前提なのでレンダリング時間はGPUのメモリ容量とCUDAコア数に依存します。なので、MacOSの場合は(NVIDIAのGPUを使用できない限り)レンダリング時間の増大は避けられません。
    和風展サイトにアップしたものの場合はGTX1070(Note PC用 VRAM 8GB)でVRAMを3GB使用して17分弱でした。

    • aachan より:

      そうなんですよねえ。GPU搭載してても使えないからNVIDIAのグラボ搭載激しく希望なんですが(><)
      と、いうか、新型Mac Proが今年こそ発表されるのか、いい加減2013年モデルのまま六年というところをなんとかして欲しい。
      一時期MacでもカスタマイズでNVIDIAに交換できるモデルもあったので、多少値があがってもできるならばNVIDIAにしたいんだけどなあ。

タイトルとURLをコピーしました