半端な時期にSIMSシリーズを振り返る

ちょっと別の調べ物をしてる時に、10周年時の記事の一つを拾ってしまい、思わずSIMとともに歩んだ日々を思い出してしまった。

まずは生みの親、ウィル・ライト氏ありき。
シムピープル誕生以前、「シムシティ」「シムアース」「シムアント」と彼の作り出すゲームに次々とはまった。
このころはまだパソコンが普及する前で、一般家庭に持つには高価で学生には手が出なかったから、スーパーファミコンでやっていた。
シムアント。。。。ww これはあまり知られていないようだけど、「ありんこ」になりきってせっせと餌を集めては人間にぷちっと踏み潰されたり(^^;)
でも、柱はやはりシムシティで、それと連動させるようなものの開発に力を入れてたような気がする。
どれもMaxis時代の販売。

シムシティ [オンラインコード] [ダウンロード]シムアースシムアント

そしてこの後はじめてパソコン(Mac PPC新発売)を2年ローンで購入して、そのころに出た「The Tower」にどはまり。
高層ビルとエレベータやエスカレータなどの管理でうまく客を誘導して反映させるシュミレーションで、方向性は似ていた。
特に、ホテルで一休みしたり、レストランへ食事に行ったり、何か買い物してたりというやってくる人々の動きに注目するのがおもしろかった。シャドウだけだが、なんか放置プレイのシムピープルに近くない?
。。てか、これも英語版はMaxisが販売してるやん。これも是非続編を作って欲しい大好きなゲームなんだけどなあ。

ザ・タワー ボーナスエディション

そして2000年に、シムピープル誕生!!
「ウィル・ライト&Maxis=鉄板! 絶対おもしろい」
という認識がすでにあったので、迷わずゲットですよ。なんとなくシムシティと連動した何かができるんじゃないかという期待もあった。

シムピープル 完全版 3

デフォルトではキャラの選択肢はあまりなく、「モティマー」と「ベラ」というデフォルトキャラの印象がみんな強いんじゃないかな?w
チートとかも知らないから、とにかくどうやって金を稼いでいくかというところが悩みどころ。
隣人を家に招いては、プールに突き落としてはしごをはずしたり、牢屋より狭い部屋に暖炉だけおいて招き入れた後にドアを取っ払って火災発生をひたすら待ったり、そうして亡き後にその金を巻き上げるという犯罪行為多発の思い出は、きっと当時やってたみんなにあるんじゃないかと思う(ーー;)

最初に考えた人はほんとすごいと思うのだが、「SKN2OBJ」を使えばテクスチャをいじれるし、「MilkShape3D」を使えばメッシュもいじれるということを知った。
残念なことに、当時は3DCG関係の知識は0。それでもなんとか見よう見まねでチェインメイルを着たちびっこおデブのドワーフと、のっぽで頭の長いエルダイトらしきものを作ったが(つまりEverQUestというMMOにはまってた時代)、ウェイトというものが存在していたことが理解できず、動くとあちこち破綻しまくったw
w
そんなことしなくても、知識なくてもキャラ作成できる、こんな便利なソフトが存在してたこと、今まで気づいてなかったよ。。。
フェイスファクトリー

「ポピュラス」や「トロピコ」などでも遊びながら、2004年。「ザ・シムズ2」誕生。
今までは何かの事故等でうっかり死ぬまで同じキャラでプレイしていたのが(←以外とよく死んだ)、成長して年をとるごとに容姿が変わり、老人になって寿命が与えられた。
また、本能的に生きていたのが(笑)願望制度によって幸せや不幸を感じるようになり、ポイント集めみたいな要素も強くなった。
そして、簡易モーフ機能により、前よりもキャラの個性がだしやすくなった!!そして。。。隣人を殺さなくなった(笑)

ザ・シムズ2 ダブルデラックス

この頃から3DCGやフォトショの勉強をしだしたのだけど、SIMSはまだMilkshapeで作成したものしか対応しないという。Poserさえまともに使いこなせてなかったので、正直DLしてみたけど使い方がよくわからなかった(^^;)
でも、「SimPE」などが登場して、比較的リカラーはやりやすくなった。
今はみんなどっかいっちゃったけど構造が結構単純だったので、SIMS2が一番自作のスキンやリカラー品は作りやすかったと思う。いろいろ作ってゲームに反映して楽しんだ思い出がある。
「シムパーソンデータ倶楽部」もすごいお世話になったサイトだったけど、なくなっちゃったのね。。。

こつこつと拡張やデータパックを買い足していって、もうちょっとでほぼ揃いそうだ〜というところで2009年「SIMS3」が登場。
ええ〜〜?まだこれから楽しみたいものがあるのに。。と思ったが、このころPCゲームの販売はどんどん縮小されていって、おいてある店舗も少なくなってきてたんだよね。
SIMS3も最初はダウンロード販売のみだった。こういうパソコンゲームの需要が減ってきているのかなあと感じた。

ザ・シムズ3 スターターパック Windows版[オンラインコード] [ダウンロード]

2集めるのも大変だったのに、また同じくらいの数集めにゃいかんのかな。ソフトの箱の置き場所にも困ってきたなと思いつつ。
3の一番の目玉は世界がシームレスになったことだろう。特にワールドアドベンチャーがお気に入りで、最初は短期間から通いつめて別荘を購入して、定住して隅から隅まで冒険しまくった。
また、キャラ作成の方式も変わり、より柔軟に好みのキャラができるようになった。ただ、カスタムアイテムの作り方がややこしくなって、ゲームに反映させた時に思った通りになかなかならなくて、そこは2の方がよかったなと思った。

もうひとつの目玉は、「なんでもパターン」方式。洋服でも家具でも、パターンをはりつけるだけで模様替えが手軽にできちゃうのは画期的だった。パターンなら作るのにもそれほどややこしくはなかったし、いろいろなものに応用できるのはめちゃくちゃ便利だった。

システム的には今でも3が一番好きです。4になってなくなったのはかなりショックだった。
好みだけなら全体的に3で拡張でずっと遊んでいきたかったぐらいだが、大きな問題があった。それは。。。
「ある程度の拡張を投げ込むと、まともに動作できないほど重くなる」

多機能すぎた結果でしょうか。後半クリーンインストールをくりかえしても、Mod抜いても、クラッシュとカクカクの嵐でとても快適にプレイできる環境じゃなくなってました。頻繁に手動セーブしないとデータぶっとぶという。。。
でもね、SIMSを快適に遊びたいという執念で、自作PC組み立てを学びました(笑)
完成品として売られている、「そこそこ」高性能なパソコンでもあかんのですよ。ゲーム用にスーパーハイスペックな、Mac並みの高いマシン買う余裕もないし、いろいろ比較して自分でCPU,マザボ,グラボ,メモリや電源などを選んでカスタマイズした方が同じ値段ではるかに高性能なものができる。
(「自作PC組み立て」系の本とか「最新のパーツカタログ」とか見て独学でもなんとかなるもんです)

自作PC2台目完成したところで、「SIMS4」発売のお知らせが。。。
「3に比べて軽くて快適に遊べる。。。はず」というような前評判を真に受けて、えいや!っと導入。

ザ・シムズ 4 通常版 [オンラインコード] [ダウンロード]

まだ拡張も少ないせいか確かに快適です。グラボなしのビジネスPCでさえ、低設定でなら問題なく動いてます。
ただ、キャラが一転してカートゥーン調のアニメっぽくなったのが個人的には非常に気に食わなかった。
出た当初はユーザーによるカスタムメイドもほとんどなく、作成の方法も確立していなかったため、キャラも家も好みのものにはできないし、街が小さくいちいちロードしなくちゃ動けないし、ちょっとした色変えさえもパターンのようにできないのでストレスが溜まって結局すぐに1年ほど放置するはめに。

まあ寝かせた甲斐あって、今ではさまざまなチュートリアルやプログラムもでてきて自分好みにしやすくなったのでモチベあがってきました。
ようやくMilkshapeを離れてBlenderでメッシュ作成できるようになったみたいだし。
欲を言えば汎用のobj形式が読み込めたら使い慣れたソフトでいろいろ作れるのになぁ〜〜〜。

まあ断続的にでも、これほど長く遊べるゲームってあんまないんじゃないかな?初心に戻ってシムピープルでも遊んでみたくなりました。

コメントする