Equipment

機材

カメラ超広角レンズ広角レンズ望遠レンズ超望遠レンズマクロ用魚眼レンズ
OLYMPUS OM-D E-M10
(ミラーレス一眼)

メーカーページ
約396g(電池,SDカード含)


コンパクトで軽く持ち歩くのに負担にならない。ちょっとアンティークなデザインも可愛い奴

M.ZUIKO DIGITAL ED 9-18mm F4.0-5.6
(35mm換算 18-36mm / フィルター径 52mm)


155g


広がりのある風景写真を撮るのに最適。この画角では手頃な値段だが、森林など暗めなところでシャッタスピード上げるとかなり暗くなる。

M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ
(35mm換算 28-84mm / フィルター径 37mm)


93g


とにかく軽いし薄いし、これに自動開閉キャップつけて持ち歩くと、お散歩カメラとしては最適。

M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F4.0-5.6 R

(35mm換算 80-300mm / フィルター径 58mm)


190g


ダブルズームキットの付属。私が使う対象にはズーム不足になりがちだが、望遠にしてはかなり軽量なので持ち歩きには良い。

M.ZUIKO DIGITAL ED 75-300mm F4.8-6.7 II
(35mm換算 150-600mm/ フィルター径 58mm)


423g


動物や鳥をとるにはやはりこれ以上のものが欲しいが、本体に比べてレンズが重すぎるのでバランスは悪くなるのと、最大望遠時に暗さを感じる。

オリンパス マクロコンバーターレンズ MCON-P02
(フィルター径 53mm or 37mm(ステップアップリング装着))


52g


そのうちマクロレンズも買うかもしれないが、望遠、広角を持ち歩く機会が多い為、一緒に持ち歩くならかさばらないものでと。基本のパンケーキズームに装着できる。

M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO
(35mm判換算16mm/ フィルター径 62 mm)

OLYMPUS フィッシュアイレンズ M.ZUIKO DIGITAL ED 8mm F1.8 Fisheye PRO マイクロフォーサーズ用 単焦点魚眼 EF-M0818PROBLK
315g


2.5cmまで寄れるマクロ的な使い方もできる。F1.8という驚異的な明るさで、星空から水中まで暗い撮影にも強い。画角180度とあるが、写し方によっては歪みは少なく見える。ぶっちゃけ今のカメラにゃもったいないが、長く使えそうなレンズだ。


アクセサリー

キャップ布ケースボディバッグショルダーバッグ
自動開閉レンズキャップ LC-37C SLV(M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ用)


最初フィルターをつけていたが、やはりこちらの方がさっと使えて良い。フィルターとの共用は不可。基本のパンケーキズームに装着できる。
どうせなら他のレンズ用もあると良いのだが。。

bag_acru
「Acru」のリネンロールカメラケース


とにかく見た目が優しく可愛いし、つくりがしっかりしている。クッション性もよし。普段お散歩に持ち歩くのにカメラバッグだと他のものが入らないので、普通の手持ちのバッグに放り込む用に。
ただ、こまめに出し入れするにはちょっと面倒臭い

Potacame3Leather


登山時や険しい所を歩くときに肩掛けだと無駄に疲れた経験があるので、背負えてクルッと前にも回せる密着型があると便利。
ただし、望遠レンズはカメラと一緒だとちょっと厳しい大きさでした。一回り大きいPotacame5Leatherにしとけばよかったかも。
革製のハンドメイド品なので作りはしっかり。かっちりしてます。
ただ、カメラ以外本当に入らないので、簡易サックを広げて収納増やせるけれど、使い勝ってや格好が悪いかな(笑)

ナショナルジオグラフィック NG W2300


タブレットなどが入る薄型ポケットも内部にあり、外ポケットもいろいろ小分けできて機能的なショルダー。レンズなどを入れるクッションポーチも別途付属。カメラ以外のものも入るので、普段のお散歩にはこちらの方が使い易い。
縦型なので、奥にいれてしまうと取り出しにくい難点がある。人が多いところでは幅がないので邪魔にならないが、出し入れのしやすさはやはり横型上部チャックの方が便利かも。

コメントは受け付けていません。